“en-” Part 1

2002年 4月 02日
作者: 代表 高山和子
カテゴリー:

何回 同じ単語に出くわしてもその度に忘れてしまって辞書を引くという経験は 誰にでもあるのではないだろうか。 ただ 闇雲に知らない単語をすべて引くよりは、多くの単語に共通に使われうる 接頭語 (prefix) ・接尾語 (suffix) を知っておくと、あとは語幹 (stem) を覚えるだけなので、より効果的に単語が覚えられるのは間違いなしだ。 今回 Part 1 では、手始めに もっとも頻繁にお目見えする 接頭語の一つである、 "en-" の使い方をご紹介しよう。 "en" は (1) 形容詞 (2) 名詞の前につけて 「~する」という意味の動詞をつくる。 また(3) 動詞の前につけて、「~の中に」の意味を加える動詞とする。



接頭語 "en-" は 動詞にする。 使用例
(1)
  • enable   可能に + する
  • enlarge   大きく + する
  • ensure   確実に + する
                    保証する
  • enrich   豊かに + する
(2)
  • enslave   奴隷に + する
  • encourage   勇気 + づける
  • encase   箱に + つめる
  • entitle   題名を + つける
(3)
  • enclose   中に + しめる
                      囲む
                      同封する
  • enlighten   明るく + する
  • enfold   たたみ + 込む
 
代表 高山和子

代表 高山和子 について

岡山県 津山市出身。英語講師。米国ドレーク大学大学院修士課程修了。帰国後、英語教育に携わり、'90年津山市にライト外語スクールを開校、本物の実力を身につけさせる指導に定評がある。国際ロータリー財団奨学生、英検1級、TOEIC 990点、国連特A級。 フル・プロファイル