Catching Up

2000年 4月 04日
作者: 代表 高山和子

岡山で日本語学校に通っている友人の ジェレミー(Jeremy)から ある日電話がかかってきました。 そして 久しぶりに 会おうという話になります。

Jeremy:
Hello. This is Jeremy.
もしもし、ジェレミーだけど。
Kazuko:
Oh, hi! How have you been?
まあ。こんにちは。 元気だった?
Jeremy:
Pretty good. And yourself?
元気だよ。 あなたは?
Kazuko:
Not bad. What’s going on with you? You haven’t called in a long time.
まあまあね。 どうしたの。 ずっと電話してこなかったね。
Jeremy:
Sorry about that. My school work has kept me really busy. Listen, why don’t we get together soon? I can come down to Tsuyama sometime next week.
ごめん。 学校の勉強で忙しくてね。 ところで、近いうち会う? 来週い つか 津山に行けるけど。
Kazuko:
Sure. Why not? We have a lot to catch up with. I’m in a rush now, but I’ll give you a call next week, alright?
もちろん。 いいよ。 たくさん 話す事もあるだろうしね。 今 忙しいから、来週 電話するからね。
Jeremy:
Okay. Looking forward to seeing you soon.
オッケー。 会えるのを楽しみにしているよ。
Kazuko:
Nice talking to you. Catch you later.
話せてよかったよ。 また 今度ね。
Jeremy:
Take it easy. Bye.
じゃあ また。 バイ。

Useful Expressions:
How have you been? …
… 元気でしたか。
(しばらく会ってない人に使う。)
What’s going on with you? …
… どうしてるいるんですか。
Why don’t we ~? …
… ~しませんか。
(人を誘う時に使う)
get together …
… 会う、集合する
Why not? …
… もちろん。
catch up with ~ …
… ~に追いつく
(ここでは 近況に追いつくために、話す事がたくさんある、という意味)
in a rush …
… 急いでいる
give ~ a call …
… ~に電話する
look forward to ~ing …
… ~するのを楽しみにする
nice talking to you …
… 話せてよかった。
(久しぶりに会った人と 会話を交わした後によく使います。)
catch you later …
… またね。
(“See you later.”と言ってもよく、別れの挨拶として使います。)
take it easy …
… じゃあね。
(文字通りは「のんきに構える。」という意味ですが、別れの挨拶として使います。)
代表 高山和子

代表 高山和子 について

岡山県 津山市出身。英語講師。米国ドレーク大学大学院修士課程修了。帰国後、英語教育に携わり、'90年津山市にライト外語スクールを開校、本物の実力を身につけさせる指導に定評がある。国際ロータリー財団奨学生、英検1級、TOEIC 990点、国連特A級。 フル・プロファイル