無生物主語

2000年 6月 05日
作者: 代表 高山和子

英語で大変よく使われる表現法の一つに無生物を主語とする言い方がある。 英語は 日本語と違い、主語が現れるので いつも同じ主語で文章を始めると、表現が単調になり、面白味がなくなる。 英語の文章では 同じ単語の重複をできるだけ避け、文章にバラエティーを持たせたい。 そんな時、この無生物主語を使って文章を始めると、表現に面白味が加わる。 下記を参考にして使ってみよう。


例文
1.What makes you say that?
なんで そんな事 言うの。
2.What made you change your mind?
なんで 決心を変えたの。
3.What brought you here?
なんで ここに来たの。
4.How’s life treating you?
いかが お過ごしですか。
5.The letter says that she got married.
手紙に、彼女は結婚したを書いてあった。
6.This road will take you to the station.
この道を行けば 駅に行けますよ。
7.I hope this letter finds you in good spirits.
「この手紙が、あなたを元気な状態に見つける事を願っている。」
ことから、お元気でお過ごしの事と思います。
8.Ten years brought many changes to his life.
10年の間に 彼の人生で 色々な事があった。
9.The news disappointed me.
その知らせにはがっかりした。
代表 高山和子

代表 高山和子 について

岡山県 津山市出身。英語講師。米国ドレーク大学大学院修士課程修了。帰国後、英語教育に携わり、'90年津山市にライト外語スクールを開校、本物の実力を身につけさせる指導に定評がある。国際ロータリー財団奨学生、英検1級、TOEIC 990点、国連特A級。 フル・プロファイル