Guts

1999年 9月 03日
作者: 代表 高山和子

日本語で、よく「あの人は ガッツのある人だ。」とか、「ガッツを燃やせ。」 等という表現をよく耳にします。 「ガッツ石松」 という人物もいる位、 「ガッツ」 は日本語に浸透しています。では 「ガッツ」 は何を意味しているのでしょう。 “gut(名詞形)” は もともと 「腸、内臓、はらわた」 を意味するのですが、別の意味に「度胸、気力、勇気」があります。また形容詞として用いられる時は 「本能的な」 「直感的な」 という意味になります。下の例を参考にしてみて下さい。


例文
You have no guts.
根性が無い。
He hates my guts because I fired him.
大嫌いだ。
You should trust your gut feeling.
直感に頼るべきだ。
She spilled her guts to everybody.
あらいざらしぶちまけた。
He works his guts out every day.
汗水たらして 働く。
代表 高山和子

代表 高山和子 について

岡山県 津山市出身。英語講師。米国ドレーク大学大学院修士課程修了。帰国後、英語教育に携わり、'90年津山市にライト外語スクールを開校、本物の実力を身につけさせる指導に定評がある。国際ロータリー財団奨学生、英検1級、TOEIC 990点、国連特A級。 フル・プロファイル