文章に変化を!

2013年 9月 02日
作者: 代表 高山和子

英語で話し始めたのはいいけど、主語を別の単語で始めればよかった、最初から言い直そうという体験はありませんか。 自分のことを話す時、いつも文は “I” で始め、面白みのない文になっていませんか。 同じ内容の文章でも言い方を変えることで、発言に色を添えてみましょう。

「仕事が山積みだから、次回の会合には出席できそうにないわ。(私がよく使うセリフかも …)」の文でもいろいろな言い方ができます。

  • I don’t think I can attend the next meeting, because I have too much work to do.
  • I am just so bogged down with my work I have to skip the next meeting.
  • The next meeting is no good for me. I am just snowed under with work.
  • I’m afraid my work will keep me from making it to the next meeting.

eメールや手紙の書き出しの挨拶にも変化を持たせましょう。

  • How are you? I hope you are doing well.
  • How are things with you? I hope this e-mail finds you in good spirits.
  • How is it going? (仲の良い友達に) I hope you are doing OK.
  • How’s life treating you? Hope things are working out with you.
  • Hello Bob. I hope this letter finds you well.
  • I haven’t seen you for a long time. How have you been?
  • How’s everything with you these days? I hope life’s treating you well.
代表 高山和子

代表 高山和子 について

岡山県 津山市出身。英語講師。米国ドレーク大学大学院修士課程修了。帰国後、英語教育に携わり、'90年津山市にライト外語スクールを開校、本物の実力を身につけさせる指導に定評がある。国際ロータリー財団奨学生、英検1級、TOEIC 990点、国連特A級。 フル・プロファイル