“come” と “go”

1997年 12月 02日
作者: 代表 高山和子

簡単そうで、よく日本人が用法を間違える言葉に “come” と “go” があります。 たとえば 「来週の日曜日 お伺いしてよろしいでしょうか。」というのを あなたは英語でどう言いますか。

こちらから行くのだからと、 “May I go to your house next Sunday?” と言っては間違いです。 話し手が聞き手の所に行く場合は “go” ではなくて “come” を使い、”May I come to your house next Sunday?” が正解です。 またくだけた言い方で “Can I come over next Sunday?” と言うと、もっと口語的になります。

同様に、 “Dinner’s ready.” (食事ができたよ。) と言われた時、「今行きます。」というのも “I’m going.” ではなくて “I’m coming.” です。 “come” は話し手が聞き手のとこに行く場合、 “go” は自分中心にどこか他の場所に行く場合に使うことを覚えておきましょう。


 
例文を皆さんも使ってみて下さい。
Can I come over?
伺ってよろしいか?
I’ll come and see you next Sunday.
来週の日曜日会いにいくから。
I’m coming!
今 すぐ行きます。
代表 高山和子

代表 高山和子 について

岡山県 津山市出身。英語講師。米国ドレーク大学大学院修士課程修了。帰国後、英語教育に携わり、'90年津山市にライト外語スクールを開校、本物の実力を身につけさせる指導に定評がある。国際ロータリー財団奨学生、英検1級、TOEIC 990点、国連特A級。 フル・プロファイル