ウェブサイトが更新されました! – Website Updated!

2013年 8月 19日
作者: Andrew "Nick" Nichols
日本語

お待たせしました。 ライト外語スクールのウェブサイトが更新されました。 長い間、工事中であったためご迷惑をおかけしました。 英語学習者のための役立つ記事が満載のサイトですので、是非 見てください。 皆さんからのコメント、お待ちしています。 もしエラーがあった場合は、お問合わせフォームよりお知らせください。

2013-09-09 Updated:

今年の2月から、和子先生と私とで、スクールのウェブサイトには模様替えとコンテンツの大幅な更新が必要だと真剣に取り組んできました。以前の生徒さんだった「AD-DESIGN」の廣田美和さんに協力をお願いして、これまで使ってきた広告を反映させたデザインを考えてもらい、サイトの構成をよくする提案をもらいました。美和さんは私たちと勉強していた高校生の頃、とても芸術的で、いつもホワイトボードに想像力豊かなスタッフのマンガや空想のイラストを描いていました。彼女が大学を終えて津山に戻ってきてからずっと、私たちは広告や年賀状に彼女のデザインを使ってきました。彼女が持ってきてくれた実にクリエイティブでエキサイティング、かつ取り組み甲斐のある内容を、私たちはとても気に入りました。そこで、一番いいアイデアを決定して、サイトを立て直す作業を始めたのです。数か月がたち、嬉しいお知らせです。サイトが生き返り、アクセスしやすくなりました。このガイドを読んでいただくと、サイトの内容がお分かりいただき、少しはナビのお役に立つと思います。

美和さんの素晴らしいセンスはまずトップページで見られます。彼女の作品は私たちも本当に大好きで、私たちのスクールをよく表してくれています。分りやすいので、ここの説明はいらないでしょう。まあ、ご覧になってください。

トップページの次は「クラス&料金」のページです。ここでは私たちのクラスをリストアップして、その人数と授業料の情報も載せています。生徒の皆さん、お友だちにこのページを転送して、クラスの内容と連絡方法を見てもらってくださいね。

一番上のメインメニューのその次にあるのは一番自慢のページ、「生徒さん紹介」です。20年以上にわたるライト外語スクールの歴史の中で、私たちはずっと生徒の皆さんの英語の夢を達成できるように一生懸命お手伝いしてきました。このページとそこからリンクしたページで皆さんの成功例をたくさんご紹介しています。このページの情報更新をすると、ああ、これまで生徒さんはこんなに素晴らしいことをしてきたのか、と感心します。このページのカメラマンをしているので、成功を思い出して(たいていは)笑顔いっぱいの顔を見ると、皆さんの喜びに共感しないではいられません。このページは「小学生以下」「中・高校生」「一般」の部に分れています。記事が重複しているところもありますが、それは生徒さんの成功例をたくさん紹介しているので、1つの記事が2ヶ所以上に掲載されることがあるからです。でも、どこのページに飛んでいっても、今、それにこれまでも、どんなに素晴らしい生徒さんたちをお教えしてきたかが分ります。1人ひとりの生徒さんが、まず小学生の時にためらいがちに英語を始め、それから英検の難しい級に挑戦して合格、それからまた成長してスピーチコンテストの優勝者として登場、と進歩していく様子をたどるのは楽しいことです。「生徒さん紹介」のページをクリックして、どれだけ多くの生徒さんの英語の目標への道をたどれるか、ご覧になってみてください。

おとなの生徒さんも英語の成功体験で毎日の生活を豊かにしていらっしゃいます海外旅行ホームステイ国際会議でのスピーチまで。私もこんなに恵まれた環境にいたかった!

トップメニューのお次は「ライトについて」です。ここでは当スクールの歴史、今のスタッフ、それに地図つきの所在地とアクセス方法がご覧いただけます。またここからは「和子のデスクから」にもリンクしており、和子先生はこれまでもずっと、英語をマスターしてきた経験皆さんの英語力を高めるヒント、それにメディアや彼女の幅広い読書から日々の生活にも影響する最新の事柄など、内容豊富に書いてきました。ここにはとてもたくさん読むことがあるので、私がもっと日本語が上手だったらと思います。私たちの周りの英語スピーカーにとってありがたいことに、彼女は記事の多くを英語で書いてくれます。彼女は自分は田舎っぺだと冗談を言いますが、英語がどれほど人生を変えることができるかがよく分ります。私も日本語の授業をもっとちゃんと聞いていればよかったと思わせてくれるのです。でも、トライするのに遅すぎるということはありません。和子先生がよく言っているようにね。

トップメニューのその次には「英会話便利帳」があります。ウェブサイト開始以来、このコーナーは「英語について」とか「イングリッシュ・ポプリ」とか「英語ファイル」など様々な名前でした(短命なものもあれこれ)。ここは基本的に、どこでも見てもらえれば、誰でも必ず英語について何かが得られる、またはただ楽しく読める、そんなページです。英語で言えば “English Conversation Handy Notebook” です。話題が雑多なことと情報の豊かさから、英語を学ぶ皆さんが時々訪れて浸ってみれば、毎回新しいことが学べる最高の目的地です。このページのトップからは次のようなコーナーにリンクしています。

「あれこれ英会話」

文法や語彙のポイント、英語の歴史、英語で言いたいことを言うポイント。別の名前の方がいいのかもしれません。でも「ワンポイント・イングリッシュ」はもう使ってしまいました。和子先生は私自身の母国語について私にも色々教えてくれます。彼女の英語の知識の深さに感心しないではいられません。

「ワンポイント・イングリッシュ」

ここの記事の最初の頃のを読むと、私たちがその名前の示す通りにがんばっていたことがお分かりでしょう。前後関係を伴った会話スタイルで、英語についてのワンポイントです。これは、スタッフが登場する現実的な状況で、使える語彙やイディオムを盛り込んだ日常会話の体裁を取るようになりました。実際に話し合った現実のトピックから作ったフィクションもあり、ここ何年かで目にした時事問題もあります。目標は、ワンポイントでもゲットしていただける英語のツールの可能性をご覧にいれることです。

「Wright Words」

和子先生が英語の構成要素を分解して、皆さんが言いたいことの背後にある倉庫の備品を増やす手助けをしてくれます。単語の辞書的な定義だけでなく、語彙を増やす実際的なヒントや実際に使われる方法です。ビギナーさんも上級の皆さんも同様に、ここから得られるものがあります。和子先生が自分で長年使ってきた英語を利用して、皆さんが言いたいことの本体を強化する方法を教えてくれています。

「映画紹介」

私たちはプロの映画評論家ではないので、映画を素晴らしくしたり、だめにしたりする複雑なものについてすごく深い議論はできません。でも私たちは映画が大好きで、ストーリーや登場人物の浮き沈みににどっぷり浸る楽しみを知っています。それに、映画は生徒さんにとって大きなモチベーションの元にもなるし、英語の生きたテキストにもなるのです。このページでは、公開時大ヒットの英語の作品と共に、私たちの成長期に影響を受けた古い映画もノスタルジックに振り返っています。

「回顧録」

ノスタルジックと言えば、ここは更新するたびに、実に私の心の琴線に触れるコーナーです。ここにはスタッフが自分たちが成長してきた経験や、生徒さんが知ったら面白いと思うような様々な文化的なイベントやお祭りについて書いてきました。また、このコーナーにはスタッフが日本や外国の様々な地域で自分たちの人生について知るようになったことも、たくさん書いてあります。これまでに働いてくれたスタッフが時にはこのコーナーに戻ってきて、生徒の皆さんと分かち合った経験を思い返してくれると思います。彼らもいつでも好きな時にこのコーナーが読めるのを知っていますから。

以上がサイトの中心ですが、特徴的なのは全ページの右の方にある欄で、ここでコンテンツの検索をしたり、「お知らせ」で最新ニュースを見たり、生徒さんやあちこちからのビジターさんがアクセスしてくれた人気のページを見たり、お祝いやイベントの写真のアルバムのページに飛んだりできますし、皆さんの携帯の電話帳に登録できる QR コードもあります。いつも見てくださいね。

そして、最後の点がおそらくサイト全体で最大の変更点となります。私たちは皆さんと情報を共有しつつ、皆さんからもお便りをいただきたいと思います。トップメニューの最後からリンクして、完全に作り変えた「お問い合わせフォーム」があります。将来の生徒さんはお問い合わせ内容を絞り込んでいくことができますし、現在の生徒さんは何かニュース、特にお休みの通知などがあれば、手早くご連絡いただけます。試してみてください。

また、サイトのほとんど全ての記事の下にはコメントのセクションがあります。ビジターさんや生徒さんからのフィードバック、大歓迎です。これからは厳しいコメント・ポリシーを実施していこうと思いますので、各ページからリンクしているポリシーの説明をお読みください。生徒さんの親御さんやお友だちには、このサイトで紹介された生徒さんに励ましの言葉を投稿してあげてください。英語でがんばっている人には誰にでも一般の人からの褒め言葉が一番のやる気の元になりますから。

和子先生と私はアップデートしたフェイスブックで皆さんとコミュニケーションを取る方法にも急速に慣れているところです。少し前にフライングスタートしたのですが、その後、ここもよく注意しています。皆さんもアクセスして「いいね!」ボタンを押してください。そうすると、皆さんともつながっていられるし、ビジネス的にも助かります。本当に皆さんの「いいね!」を待っています。

ツイッターも新しい変更点です。ライトからのツイートに目を見張って、耳を澄ませていてくださいね。

私たちは皆さんがこのサイトの変更を気に入ってくれて、生活の一部にしてくれたらいいと思っています。早くにフィードバックをくれたユーザーさんは、アクセスのしやすさとコンテンツが大幅によくなったと言ってくれました。だから私たちは正しい方向に向かっています。すぐそこにある、さらにエキサイティングな変化を見に、時には戻ってきてくださいね。

美和さんには特に www.wright.jp をご覧いただく皆さんにとってさらによい場所にしてくれたプロの技と見識を感謝します。

English

The upgrade to our website is finally finished, full of exciting articles about learning English. Sorry to have inconvenienced you with our long construction work. Please visit our refreshed site and feel free to drop us any comments. Let us know of any errors through the contact form.

Hope you like the changes!

2013-09-09 Updated:

Starting earnestly in February this year, Kazuko and I decided the school’s website was in need of a facelift and a major update to content. We decided to enlist the services of a former student of ours at AD-DESIGN, Miwa Hirota to come up with a design that reflects the advertising we have been using and offer her suggestions on how the organization of the site could be improved. Miwa was always a very artistic high school student when she was studying with us, often illustrating our whiteboards with imaginative cartoons of the staff and her fantasies, and we’ve been using her designs in advertising and New Year cards for years since she returned to Tsuyama from college. She got back to us with some really creative, exciting and challenging concepts we loved and we started working on getting the site back in shape after settling on the best of her ideas. Now months later, I’m happy to say, the site is live and ready for access. This is a guide to what you may find in the site and ease your navigation a bit.

Miwa’s great sense shows firstly on the homepage. We really love what she has given us and it presents so much about what we do. It’s easy to understand so no explanations here, just take a look.

The first stop after the homepage is the “Class and Fees” page where almost all our services are listed, along with their size and tuition information. We’d love any of our current students to forward their friends here to give them a thorough overview of what we do and how to contact us.

Next across the main menu at the top is our proudest page, “The Wright Students”. Over the more than twenty-year history of The Wright Language School, we have worked hard to help all our students achieve their dreams with English, and on this and all the linking pages, we celebrate their many successes. Wow, revisiting these pages and updating them with new information, even I was blown away by how wonderfully our students have done over the years. As photographer for the site seeing their (usually) smiling faces remembering their successes I can’t help sharing in their joy. The page is divided into Elementary School and younger, Junior and Senior High School and Adults sections. There is some overlap with articles as we often introduce large groups of successful students so one article may appear in two or all of the sections. But click through to any of the pages to see what a great bunch of students we now have, and have taught over the years. It’s fun to follow the progress of individual students, taking their first tentative steps with English as an elementary student, then appearing later passing a challenging level of the Eiken test and then later as a speech competition champion as they mature. Click through all “The Wright Students” pages and see how many students you can follow on their path to their English goals.

Our adult students have shared their successes with English enriching their daily lives, on foreign tours, on homestays and even speaking at international conferences. I wish I were so lucky!

Next across the top menu is “About Us”. Here you can learn a bit about our history, the current staff and our location with an interactive map and how to contact or visit us. Also linking here is “From Kazuko’s Desk” and the copious articles Kazuko has written over the years on her experience mastering English, tips on how to improve your own skills and often on current issues affecting our daily lives from the media and her extensive reading. There is so much to read there, I wish I could handle Japanese better. Thankfully for the English speakers among us, she writes many of her articles in English and while she often jokes about being a country bumpkin, it is easy to see just how transformative English can be in a person’s life. Makes me wish I had paid more attention in Japanese class. But it is never too late to try, as Kazuko often reminds us.

Next in the top menu is the “Eikaiwa Benrichou”. Over the years of the website, this section has been variously translated as “About English”, “English Potpourri” and “The English Files” (a short-lived one, that one). It is just basically a bunch of articles that anyone can jump into at any location and take away something about English, or just enjoy a read. Literally translated, “Eikaiwa-Benrichou” means “English Conversation Handy-Notebook” and the randomness of the topics and the information make it a great destination for any student of the language to dip into from time to time and learn something new on each visit. The top page in this section links to:

“Are-Kore Eikaiwa”

points on grammar, points on vocabulary, points on the history of English, points on making your point in English. Maybe it should have a different name, but “One Point English” was already taken. Kazuko often teaches me about my own language at work and when you read the topics she covers here, it isn’t hard to appreciate the depth of her knowledge of English.

“One Point English”

When you read the earliest of these articles, we really tried to focus on what the name suggests, one point about English, presented in a conversational manner, in context. It has grown to be more of a daily conversation presentation, with vocabulary and idioms used in realistic situations by the staff. Some fictional scenarios, mostly real topics we’ve discussed and some topical issues we’ve witnessed over the years. The goal is to give you a load of potential tools for your language that you can at least take away one point from.

“Wright Words”

Kazuko takes apart the building blocks of our language and helps you to build the arsenal behind what you want to say. Not just a dictionary definition of the words, but practical tips on how to form vocabulary and use it in practical ways. Beginners can find something here as well as advanced users. Kazuko draws on her years of using English to give you a guide to reinforce the body of what you want to say.

“Movie Reviews”

OK, we aren’t professional movie reviewers and you won’t find terribly in-depth dissections of the intricacies of what makes a movie great, or bad for that matter. But we do love movies, and know the pleasure of losing ourselves in the stories and the ups and downs of the characters. Plus, movies are a great source of motivation for language students as well as an almost living text book for their studies. Here we introduce some of the English language blockbusters of their days, as well as taking a nostalgic look at some of the older movies that influenced us as we matured.

“Reflections”

Speaking of nostalgia, here is a section that really struck that chord in me as I was updating the website. Through the years our staff have written of their experiences growing up and their various cultural events and festivals that students may find interesting to learn about. Also, a lot of what’s in this section is how the staff have come to learn more about their life in foreign climes, both here and elsewhere. I hope some of the staff we have employed through the years can come back from time to time and reflect on the experiences they shared with our students, knowing they will be here to read any time they want.

That’s the main body of the site, but of particular note is the column on the right on every page where you can search for any content, find all the latest news in the “Oshirase” box, find the most popular links accessed by our students and visitors from far afield, jump into our photo album of celebrations and events through the years, and a QR-code area to add us to your phone’s address book. Keep in touch!

And that last point is probably the biggest change to the site overall. We want to keep in touch and share our information, as well as hearing from you. There is a totally revamped contact form linked at the end of the top menu. Prospective students can narrow down their enquiry, and current students can quickly get in touch with us with any news, and especially to let us know of any absences. Check it out.

Also under almost every article on the site is a comments section and we welcome any feedback from visitors and current students. We have a strict comment policy we will enforce, so please read the policy statement linked on each page. We really want the parents and friends of our students to post words of encouragement for the students introduced on the site as we know public words of praise are a great motivator for any one tackling some of their greatest challenges with English.

Kazuko and I are a quickly getting used to another big change in how we communicate with everyone with an updated Facebook page. After a false start a little while ago, we are going to focus on this as well and encourage everyone to access the page and click the like button. This will help us keep in touch with you as well as help our business. We really want to get your likes there.

Twitter is also a part of our changes, so keep an eye out, and an ear, for the occasional Tweets from Wright.

We really hope you like the changes to the site and make it a part of your life. Early feedback from our users tells us there have been some great improvements in accessibility and content, so we are on the right track. Come back from time to time for even more exciting changes just around the corner.

Thanks to Miwa especially for her professional work and insights into how to make www.wright.jp a better place for our visitors.