Stay On Track / 邁進の年に

2006年 11月 29日
作者: 代表 高山和子
English

ais0042wi20067worldgoalThe dawn of this new year marks a new beginning for all of us. It is the time when we leave our failures and mistakes of the past behind and move forward toward our goals. It is important for us to clearly visualize where we want to be in our endeavors with English. If we find ourselves still far from our vision, we should define and redefine our goals to take us where we want to be. Once our goals are set, we should commit ourselves to achieving them through persistence and determination. Your immediate goals this year might be passing or achieving higher scores in a proficiency test, or reaching a sufficient level to fully enjoy a foreign trip for pleasure or study, and once you have reached each goal, you can set another higher than the last. The efforts you put in to meet your goals will surely take you to a level one step higher, and the higher the level our English advances, the wider our view of the world becomes. It is only through our continuous efforts that we will be able to learn to use English as a wonderful tool to help us broaden our horizons. What matters most is never to give up and stay on track.

It is important for us to clearly visualize where we want to be in our endeavors with English. If we find ourselves still far from our vision, we should define and redefine our goals to take us where we want to be.

I have witnessed so many people just give up studying English altogether after reaching a certain goal before they discover for themselves the world English will make accessible to them. Some may study it for passing an entrance examination, and others for traveling. All those immediate goals are of course worth studying for. But beyond that, lies the ultimate goal of self-fulfillment, and English can be a great tool to help you achieve that. The development of information technologies has enabled us to easily keep abreast with world events in our daily lives. All it takes is our efforts to learn the skills to use the global language to have more access to the wider range of information. Learning English can be a very fulfilling and rewarding experience. Just imagine. We can learn about people and the world in the process of learning the language.

Though living in a small community of Tsuyama, English can bring us closer to the world and help us draw a bigger picture of life. We live in an international society where events of destabilization are frequently reported regionally as well as globally, and each one of us is tested with many challenges life presents us. Without a bigger picture, we tend to withdraw into our own small world, buried with our daily problems. Through the means of English, we can elevate our awareness, shifting our attention from a me-centered world to the world outside. All it takes is our determination to stick at it. We all should take this opportune time of the new year to renew our energy to continuously improve ourselves and live for the brighter future.

日本語

ais0042wi20067worldgoal新年の幕開けは、新しい始まりを記念するもので、これまでの過ちや失敗は過去のものとし、各人の目的に向かって前進する機会でもあります。 英語学習に於いては、どういうレベルに達したいかのヴィジョンを明確に心に打ち立てることが大切です。 自分は そのうち立てたヴィジョンから程遠いと思われる方は、目標としているレベルに到達するために、まずは身近なところから目標を定めていくことです。 いったん目標を定めたら、決意と粘り強さでそれを達成することを誓うことです。 今年の当面の目標は、英語能力試験に合格したり、より高い点数を獲得すること、海外旅行や留学を十分に楽しめるだけのレベルに達する といったものかもしれません。 そして、一つの目標を達成できたら、また一つ高いレベルの目標を設定するのです。 その目標の一つ一つをクリアーするのにつぎ込んだ努力は、必ずやレベルアップにつながります。 英語のレベルが高くなるにつれて、私達の世界観も広まります。 私達が世界を拡げるのを助けてくれる素晴らしい道具としての英語を駆使できるようになるには、絶え間ない努力しかありません。 一番重要なことは、決して諦めず邁進することです。

自分は そのうち立てたヴィジョンから程遠いと思われる方は、目標としているレベルに到達するために、まずは身近なところから目標を定めていくことです。

私は これまで多くの人が、英語が私達の世界を拡げてくれることを ご自身で発見する以前に、ある目標に到達したら、まったく英語の学習を止めてしまうというケースを見てきました。 試験の合格のためや、旅行のために勉強する人もいるでしょう。 それら全ての身近な目標は、もちろん 勉強する価値のあるものです。 しかし、それを超えたところに、自己達成という究極の目標があります、そして英語はそれを達成するのを助ける素晴らしい道具となりうるのです。 情報技術の発展は、私達が日常生活で簡単に世界の出来事に遅れないでついてゆくことを可能にしてくれました。 より幅広い情報を手に入れるためには、この世界語を使える技術を学ぶ努力をすればよいのです。 英語を学ぶことは達成感があり、やりがいのある経験となりえます。 考えてみてください。 私達は、英語を学ぶ過程において人々や世界についても学ぶことができるのですから。

津山という小さい地域に住んでいながらも、英語は私達をより世界に近づけてくれ、もっと大きな人生観を描く助けとなります。 私達は、国内外で頻繁に不安定な出来事が報道される国際社会の中にいます、そして 各人が人生の投げかける多くの挑戦で試されているのです。 より大きな人生観なしでは、日常生活の諸問題に埋もれ、自分だけの小さな世界に引きこもりがちになります。 英語という手段を通して、私達は自己中心の世界から、外の世界へと注意を向けることで、認識を高めることができるのです。 必要なのは、辛抱強く続ける決意です。 新年というこの好機に、絶えず自己を磨き、明るい未来に向けて生きてくために、エネルギーを新たにしようではありませんか。

代表 高山和子

代表 高山和子 について

岡山県 津山市出身。英語講師。米国ドレーク大学大学院修士課程修了。帰国後、英語教育に携わり、'90年津山市にライト外語スクールを開校、本物の実力を身につけさせる指導に定評がある。国際ロータリー財団奨学生、英検1級、TOEIC 990点、国連特A級。 フル・プロファイル