Don’t just think about it. Do it! / 考えてばかりいないで、やってみよう!

2004年 4月 01日
作者: 代表 高山和子
English

Spring always marks the time for commencement. Some of you are to set out for a new school life or job. It is always invigorating to take on new challenges, isn’t it? In your endeavor with English, try to refresh your enthusiasm and the excitement you once had when you were a novice learner. If you should find yourself in a deadlock in your language study, now is the best time to reconfirm your motive in pursuing your English skills and refresh your mundane routine by setting up a clear goal and evaluate what it takes to reach that goal. Once you lay out what needs to be done, commit yourself to it by incorporating it into your daily routine. Don’t just think about it. Do it!

Just Do It!Learning a foreign language involves a substantial amount of time for any learner, which gives you all the better reason to stick to it even when you cannot monitor any improvement in your English. Unfortunately, some people just give up on the language study altogether before they even give it a fair try. Do not rush to the conclusion that your efforts will not be rewarded with a successful result, but believe that whatever efforts you put into it will surely bear fruit in due course. There are no futile efforts involved in the process of learning a language. Remember: practice, persistence, and perseverance. Practice English through speaking, reading, writing and listening in a persistent manner, and persevere in the time required to make you a better communicator in English. Instead of mourning over the slow progress in your study, just move on with it and enjoy the process of learning.

The hectic pace of modern life is more than likely to present you with the hurdle of finding time at your disposal and may eventually defeat your spirit for studying English. But time is something you could make despite a busy schedule. Studying does not always have to take place at your desk, but anywhere and anytime you have access to English. You can listen to English in your car to and from work, or you can set aside 30 minutes of your day by reducing TV-viewing time each day. You just have to be creative in coming up with a method of learning English that suits you the best. Let’s keep up the good work.

日本語

春は 始まりの時期だ。 皆さんの中には新しく学校生活や仕事を始められる方もいるだろう。 新たな事に挑戦するのは 常に刺激になる。 英語の学 習にお いても、学習し始めの頃の情熱や刺激を新たにしてみよう。 もし学習に行き詰まりを感じているなら、英語の学習の動機を再確認し、明確な目標を定め、それ を達成するには何が必要かを見極めることで、単調な習慣を新規まき直しする最適の時期である。 何をやるべきかを決めたなら、日常の生活にそれを組み入 れ、自らと取り決めをする事だ。 考えてばかりいないで、やってみよう。

外国語の習得にはどんな学習者にとっても相当の時間が必要とされる。 だか ら余計に 英語の上達が確認出来ない時でさえ、諦めずに続ける事が大切だ。 残念ながら、十分に時間をかけて頑張ってみる前に まったく諦めてしまう人も いる。 良い結果は出ないだろうと結論に急がず、やがては必ずや努力は結ばれると信じる事だ。 言語の学習に於いて、無駄な努力は一つもない。 練習、粘 り強さ、そして忍耐が大切だ。 話す、読む、書く、聴くのを粘り強く練習する。 そして、英語のもっと上手なコミュニケーターになるのに必要な時間をじっ と耐えることだ。 学習の進歩が遅いと嘆くより、前に進み、学習の過程を楽しもう。

せわしい現代生活の中で、自由になる時間を見出すのは難 しく、英語を学ぼうという気力まで失せるかもしれない。 しかし 時間というものは、忙しいスケジュールにも拘らず作りだすものだ。 学習は必ずしも机の 上だけで行われるのではなく、英語と接すことが出来ればいつでも、どこでもいいのだ。 通勤時の車の中で英語を聴いたり、毎日のテレビを観る時間を減らし 30分を生み出してもいい。 ご自分に一番合った英語の学習の仕方を考え出してみよう。 頑張りましょう。

代表 高山和子

代表 高山和子 について

岡山県 津山市出身。英語講師。米国ドレーク大学大学院修士課程修了。帰国後、英語教育に携わり、'90年津山市にライト外語スクールを開校、本物の実力を身につけさせる指導に定評がある。国際ロータリー財団奨学生、英検1級、TOEIC 990点、国連特A級。 フル・プロファイル