9.11: Five Years Later ・ 9.11 から5年を経て

2006年 9月 03日
作者: 代表 高山和子
English

ais041au2006brngtwntwersSeptember, ’06 marked the 5th anniversary of the horrendous terrorist attacks in New York and Washington resulting in the deaths of almost 3,000 people. Now the world is once again united in the condemnation of terrorism. The Bush Administration, based on inaccurate intelligence of Saddam Hussein being in possession of weapons of mass destruction, invaded Iraq with coalition forces and succeeded in toppling Hussein. As we all know, what initially appeared to be an easy victory for the U.S. has dragged on for 5 years and caused irreparable damage to the people of Iraq as well as the coalition forces involved, and the death toll is still rising. According to one survey, as of September, 2006, the US led war is responsible for the deaths of approximately 2,700 Americans and the shocking number of over 250,000 Iraq civilians. The Bush Administration’s campaign to democratize Iraq has met with a full-scale insurgency against the occupying military forces and has escalated into sectarian violence. Was the invasion of Iraq inevitable in response to 9/11? Is the world safer 5 years after 9.11? No. The Iraq war has only polarized the world and triggered many Islamic fundamentalists to turn against the US and its allies, and to orchestrate heinous terrorist attacks throughout the world, taking a toll of many innocent lives.

We, as learners of English, must continue to develop our communication skills to be able to voice our opinions, and raise our awareness of the world by using English as the best tool to broaden our horizons and understanding.

On the night of September 11, 2001, I was glued to the T.V. screen, not able to comprehend what was going on, and I still remember that feeling of horror that made my stomach churn. How I wished what was happening before my eyes was some scene from a movie. Now 5 years later, the international community should refresh this image deep in our mind and remember the pain inflicted on the victims of both 9/11 and the Iraq war.

Throughout history, so many conflicts and wars have taken place because of our inability to see other people’s point of view. We, as learners of English, must continue to develop our communication skills to be able to voice our opinions, and raise our awareness of the world by using English as the best tool to broaden our horizons and understanding. When people in different nations learn to communicate better through one common voice, the world will be a better place where people of different nationalities, races and creeds can live side by side. Now is the time that we pledge never to resort to wars and work together to tackle international problems as citizens of the world.

日本語

ais041au2006brngtwntwers2006年9月、ニューヨーク、ワシントンを攻撃し、3,000人近い人々が殺されたあの恐ろしいテロから 5周年目を迎えた。 今 世界は再びテロへの非難において一体となっている。 ブッシュ政権は、サダム・フセインが大量破壊兵器を保持しているとの誤った情報に基づいて、連合国と共にイラクを侵略し、フセインを倒すことに成功した。 周知の通り、当初アメリカにとって簡単な勝利となるであろうと思われたこの作戦は5年間も引き続き、 それに関わる連合国ばかりでなくイラクの人々に取り返しのつかない損害をもたらした。 しかも、死者の数は 今だ 増え続けている。 ある調査によると、2006年9月現在、この米国主導の戦争によって約2,700人のアメリカ兵と25万人以上という驚くべき数のイラク民間人が殺された。 ブッシュ政権のイラクの民主化に向けての運動は 占領軍に対する全面的な反乱に遭い、派閥間の抗争へと発展している。 はたして、9.11に対応してのイラク侵略は不可避であったのだろうか。 5年経った今、世界はもっと安全になっているだろうか。 いやそうではない。 イラク戦争は世界を対立させたにすぎず、多くのイスラム教原理主義者達をアメリカとその同盟国に対して敵対させ、世界中で多くの罪のない人々の命を奪う凶悪なテロ攻撃を行わせているのだ。

英語の学習者として、私達は自らの意見を発信するコミュニケーションの能力を身につけ、視野と理解を拡げる最善の道具として英語を通して、世界に関する認識を高める努力をする必要がある。

あの2001年9月11日の夜、私は何が起きているのか理解できないまま、テレビの画面に釘付けになっていた。 そして、気分が悪くなるような恐怖を感じたのを覚えている。 目前で起きていることが、映画のワンシーンであることをいかに望んだことであろう。 はや5年が過ぎたが、国際社会はこの映像を心に刻み込み 9.11とその後のイラク戦争の犠牲者が受けた痛みを忘れてはならない。

これまでの歴史を見ると、数多くの紛争や戦争が相手の考え方を理解できないことで引き起こされている。 英語の学習者として、私達は自らの意見を発信するコミュニケーションの能力を身につけ、視野と理解を拡げる最善の道具として英語を通して、世界に関する認識を高める努力をする必要がある。 異なった国々の人々が 共通の言葉を通じて、より良くコミュニケーションをとることを学ぶ時、世界は、異なる国籍、人種、信条の人々が共存するより良い場所となるだろう。 今こそ、私達は、世界市民として、二度と武器に訴えることなく、国際問題に共に取り組むことを誓うべきである。

代表 高山和子

代表 高山和子 について

岡山県 津山市出身。英語講師。米国ドレーク大学大学院修士課程修了。帰国後、英語教育に携わり、'90年津山市にライト外語スクールを開校、本物の実力を身につけさせる指導に定評がある。国際ロータリー財団奨学生、英検1級、TOEIC 990点、国連特A級。 フル・プロファイル